28

分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガード

  • 安全対策製品
  • デイ製品

高速道路の分岐を始めとした道路の分岐地点では、ドライバーによる衝突事故が後を絶ちません。

そこで、この分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードは、車両搭乗者への被害を軽減することを考えて開発された、分岐帯に取り付ける衝撃吸収装置です。

金額(税抜)

別途見積

衝撃吸収材にアルミ合金を使用。車両衝突の衝撃がソフトで、車に乗っている人の被害も抑えられます。

分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードの3つの特徴

現場製品についてお問い合わせする【無料】

分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードの製品概要説明情報

分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードは、衝突部(外側)と衝撃吸収部(内部)の2部構造になっていて、衝撃吸収部には、ハニカム構造(蜂の巣の形)になったアルミ合金が使われています。「エイト・ガード」に車両が衝突した際に発生するエネルギーを、アルミ合金が変形することによって吸収し、衝撃をソフトにするしくみです。アルミ合金は柔らかいため、衝撃吸収力が高く、車両衝突時の衝撃が小さくなり、車両搭乗者への被害を軽減することができます。

また、アルミ合金は難燃性ですから、衝突の際に火災が発生しても燃え移ることがないため、二次災害につながる心配がありません。

「エイト・ガード」は、分岐帯の状況に合わせて、「基礎部埋込式HSKタイプ」と「ガードレール支柱取付式HSGタイプ」、「高欄取付式HSCタイプ」の3つタイプが用意されています。設置場所の状況に合わせて自由に設計・製作ができます。

万が一の事故が発生し、破損や破壊された場合でも、パーツ単位で交換ができますから経済的です。
また、軽量ですから、パーツ単位の交換も容易に行えます。

特徴1衝撃吸収にハニカム構造のアルミ合金を使って、衝撃エネルギーを変形エネルギーに変える

衝撃吸収にハニカム構造のアルミ合金を使って、衝撃エネルギーを変形エネルギーに変える

・車両衝突時の衝撃吸収にハニカム構造をしたアルミ合金を採用。衝突エネルギーを変形エネルギーに変えて衝撃をソフトにしています。
・衝突部と衝撃吸収部は別の構造になっているので、万が一の事故が発生し、破損や破壊された場合でもパーツ単位で交換が可能です。

特徴2衝突による衝撃をソフトにして、車両搭乗者への被害や二次災害を軽減

・アルミ合金の変形を利用した分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードの衝突時の衝撃は、水袋や砂袋を詰めた一般的な緩衝材に比べてソフトです。
・衝突の瞬間に内容物が飛散することもないので、万が一の事故でも、車両ドライバーや搭乗者への被害が軽減されます。
・アルミ合金は難燃性ですから、火災などの二次災害の心配もありません。

特徴3分離帯の形状に合わせて、自由設計・製作が可能

「エイト・ガード」は、分離帯の構造に合わせて、「基礎部埋込式HSKタイプ」と「ガードレール支柱取付式HSGタイプ」、「高欄取付式HSCタイプ」の3つのタイプが用意されています。
分岐帯の状況に合わせて、自由に設計・製作できます。

基礎部埋込式HSKタイプ

基礎部埋込式HSKタイプ

ガードレール支柱取付式HSGタイプ

ガードレール支柱取付式HSGタイプ

高欄取付式HSCタイプ

高欄取付式HSCタイプ

基本機能

基本機能

基本機能

  • 「エイト・ガード」衝突部

    分離帯用衝撃吸収装置の外側。衝突によって破損してもパーツ単位で交換が可能

  • 「エイト・ガード」基礎部

    分離帯の状況によって、「基礎部埋込型」、「ガードレール支柱取付式」、「高欄取付式」の3つのタイプを用意

  • 「エイト・ガード」衝撃吸収部(内部)

    装置の内部は、アルミ合金を重ね合わせたハニカム構造。衝突エネルギーを変形エネルギーに変える。

基本仕様
名称
分岐帯用衝撃吸収装置「エイト・ガード」
基礎部埋込式HSKタイプ
基本仕様(想定速度80km全車種対応)
型式 HSK-100
サイズ〔W〕 1012mm
地上部サイズ〔H〕 880mm
地下部サイズ〔H〕 344mm
地上部サイズ〔L〕 1577mm
地下部サイズ〔L〕 2800mm
基礎部寸法 1700×3500
基礎部深さ 650mm
本体部重量 380kg
基礎部重量 380kg
NETS登録番号 CB-080027-A
寸法 分岐帯用衝撃吸収装置「エイト・ガード」寸法

分岐帯用衝撃吸収装置 エイト・ガードの製品PDF

分岐帯用衝撃吸収装置「エイト・ガード」製品PDF

RANKING

売れ筋ランキング



目的に合わせて選べる製品カテゴリー